大阪北部地震ボランティア情報

​(2018.6.24up)

今後、求められるボランティアの状況は変化しますので、最新の情報を確認してください。

◆吹田市

 吹田市では、19日から吹田市災害ボランティアセンターを設置しました。

 (吹田市社会福祉協議会ホームページ)

http://www.suisyakyo.or.jp/ 

(吹田市社会福祉協議会ブログ)

http://suitasyakyou.blog103.fc2.com/ 

(吹田市社会福祉協議会ツイッター)

https://twitter.com/suita_syakyo

◆茨木市

 茨木市では、19日から災害ボランティアセンターを設置しました。

(茨木市社会福祉協議会ホームページ)

http://www.ibaraki-csw.com/

 (茨木市社会福祉協議会ブログ)

http://blog.livedoor.jp/ibarakicsw/ 

◆ 高槻市

 高槻市では、20日から災害ボランティアセンターを設置しました。

(高槻市社会福祉協議会ホームページ)

http://www.ta-city-shakyo.com/

◆ 豊中市

 豊中市社協では、20日から災害支援ボランティアセンターを設置し、災害支援ボランティア窓口を開設しました。なお、現時点ではボランティアは市内の方を対象として募集しています。

(豊中市社会福祉協議会ホームページ)

http://www.toyonaka-shakyo.or.jp/ 

◆摂津市

 摂津市では、21日から災害ボランティアセンターを設置しました。

なお、現時点ではボランティアは市内在住、在勤、在学の方を対象として募集しています。

(摂津市社会福祉協議会ホームページ)

http://www.settusisyakyou.or.jp/index.htm

◆箕面市

 箕面市では、22日から災害ボランティアセンターを設置しました。なお現時点では、市内のボランティアで対応することとしています。

(箕面市社会福祉協議会ホームページ)

http://www.minoh-syakyo.or.jp/

(箕面市社会福祉協議会 社協ブログ)

http://minohsyakyo.blog35.fc2.com/

(箕面市社会福祉協議会ツイッター)

https://twitter.com/minohsyakyo

◆ 枚方市

 枚方市では、20日から災害ボランティアセンターを設置しました。なお、現時点では市内在住・在勤・在学の方を対象にボランティアを募集しています。

(枚方市社会福祉協議会ホームページ)

http://www.hirakata-shakyo.net/index.html

(枚方市社会福祉協議会 FaceBook)

https://www.facebook.com/枚方市災害ボランティアセンター-2206369719379283/

◆大阪市(現時点では通常のボランティアセンター)

 大阪市社会福祉協議会では、発災当日の18日に災害対策本部を設置し、とくに区内で被害が生じた東淀川区社協、北区社協については、市社協職員が区社協を直接訪問して状況確認を行いました。大阪市社協では、現在も24区社協を通じて市内の状況確認を行っていますが、とくに震度5強以上が生じた5区(北区、都島区、東淀川区、淀川区、旭区)に対して、区社協と連携し、困りごとのニーズ等含めて状況把握を行い、対応を進めていくこととしています。

 (大阪市社会福祉協議会ホームページ)

https://www.osaka-sishakyo.jp/

(大阪市ボランティア・市民活動センターホームページ)

http://www.osakacity-vnet.or.jp/

活動資金のご協力はこちら

ゆうちょ銀行からの場合

記号:10510 

番号:17620081

名前:ボランティア団体K(ケー)

その他銀行からの場合

ゆうちょ銀行(金融機関コード9900)

種目:普通 店番:058

店名:0五八(ゼロゴハチ店) 

番号:1762008

名前:ボランティア団体K(ケー)

活動継続のために

ご協力宜しくお願い致します

チラシ(フリーダウンロード)

活動紹介

ハガキ大作戦

​店舗や会社などに御掲示して頂いたり、

活動紹介をする際など、ご自由にお使いください。

  • Twitter Social Icon
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Team-Kハガキ大作戦2017
  • Team-K Instagram
  • Team-K写真館

 

© 2019 by volunteer Team-K organization

all rights reserved.

​Editor:Kenya Ishihara&Team-K