ボランティアとは

そもそも「ボランティア」の語源は?

ボランタール(ラテン語)・・・自由、勇気、正義 
ボランテ(フランス語)・・・・喜びの精神 
ボランティア(英語)・・・・・自発性に裏づけされた奉仕者、篤志者 

これらが意味する「自らの意思で自由に且つ自発的に奉仕すること」がボランティアの大原則になります。以下、4つの大きな軸がボランティアをする上で大切です。

 

◆自主性・主体性
周囲から強制されたり、義務としてではなく、自分の意思で行う活動 
◆社会性・連帯性
誰もがイキイキと豊かに暮らしていけるように、お互いに支え合い学ぶ活動 
◆無償性・無給性・非営利性
報酬や金銭的な見返りを求めない活動。しかし、お金には変えられない出会いや発見、感動、喜びなどを得ることができます。
◆創造性・開拓性・先駆性
今、何が必要とされるのかを考えながら、よりよい社会を自分自身で創る活動 

ボランティアの内容は時間の経過と共に変化する

        →現地のニーズをしっかり知ることが大切

ボランティアをする上での心構え

 1自分自身の自立

被災地ではボランティア自身の飲料水や食品等の調達や、宿泊場所の確保が困難であることが想定されます。事前に現地の状況を把握した上で、必需品を確認・調達し、一般的に、飲料水、寝袋、活動に必要な機材(懐中電灯、ラジオ、携帯電話等)は自分で確保し、自活できるように準備していくことが大切です。

 

 2状況を知る

 活動を始めるにあたっては、現地の活動団体等に参加し、オリエンテーションを受けることが大切です。 そのことが、詳しい現地の状況を知ることにも、自分の活動内容や役割を確認することにもなります。

 

 3意思の疎通

 被災地では、被害を受けた人が「被災者」という名のもとに、扱われることに強い抵抗感をもたれる人もいます。どんな状況であれ、相手の気持ちを大切にし、尊重する気持ちをもって意思の疎通を図るように心がけることが大切です。

 

 4意思の尊重

 災害時のボランティアは、被災者の生活を支援することを目的に活動します。活動は、「~ してあげる」といった押しつけがましいものでなく、被災者の意思を尊重して活動することが大切です。

 

 5考えた行動

 ボランティアとしてできること、できないこと、してはいけないことを考えて無理のない活動をすることが必要です。活動自体が被災者の自立を阻害したり、自らが危険に陥ったりしないよう心がけることが大切です。

 

 6健康管理

 ケガや病気、事故に充分注意し、また、過労や睡眠不足にならないように健康管理に注意することが大切です。(二次災害が起こらないようにするのもボランティアの心構えです。)

 

 7ボランティア活動保険への加入

 万一の事故、けがや二次災害などに備え、ボランティア活動保険に加入する必要があります。

 活動上の注意点

 

 1被災地の人々の「心の痛み」を思いやること

家族や親族を失った人たちが暮らす街です。張り切る気持ちが”はじゃいだ対応”にならないような行動が必要となります。

 

 2安全上の配慮

家財の取出しなどでは危険が伴う活動もあります。手に負えない場合は断る勇気が必要となります。

 

 3「何かしましょうか」よりも「誰か困つている方をご存じありませんか」

相手のプライドや頑張る気持ちを応援することが大切です。”押し売り”的に声をかけるのではなく「お願い」する姿勢で望むことが大切です。

 

 4マスコミへの対応

取材を拒否する権利はありますが、活動に支障のない範囲で応じることも時に必要となります。現地の状況を伝え発信するためののでありますが、現地の人々を巻き込んだ取材は極力控えましょう。

 

 5泥棒と間違われてしまわないような格好と必要な手続きは確実に

腕章や名札の提示、あるいはボランティア本部に電話して確認をとってもらうようにしましょう。

 

 6家に帰るまでが「ボランティア」です

活動を終えるとボランティアから見学者に変わってしまう方がいます。帰る道や電車内に被災地の人々がいることを忘れないことが大切です。

活動資金のご協力はこちら

ゆうちょ銀行からの場合

記号:10510 

番号:17620081

名前:ボランティア団体K(ケー)

その他銀行からの場合

ゆうちょ銀行(金融機関コード9900)

種目:普通 店番:058

店名:0五八(ゼロゴハチ店) 

番号:1762008

名前:ボランティア団体K(ケー)

活動継続のために

ご協力宜しくお願い致します

チラシ(フリーダウンロード)

活動紹介

ハガキ大作戦

​店舗や会社などに御掲示して頂いたり、

活動紹介をする際など、ご自由にお使いください。

  • Twitter Social Icon
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Team-Kハガキ大作戦2017
  • Team-K Instagram
  • Team-K写真館

 

© 2019 by volunteer Team-K organization

all rights reserved.

​Editor:Kenya Ishihara&Team-K